御先祖様を知りたい!!

北海道と長崎県のハーフ女子大学生の昔話好きが重症化した御先祖様辿りのブログ

長崎FW3日目 大村神社編

 

rinne-kururi.hateblo.jp

 ↑の続き

 

2/21、長崎に来る以前に祖父に21日遊びに行く!と伝えていたので

代々中島家の住む家に遊びに行きます!!

(父方の祖父母は離婚しているので別々に会いにいかねばならないのです。が、同じ大村市内です。)

 

といっても祖父に会うのはなんと20年ぶり!!!

幼い時に(年少のときに熊本に住んでいたのでそれっきりなのです。)

祖父の写真もないので顔を全く覚えていないんですよね…。

電話をよくするので声はわかるのですが。

会うにもどうしたらいいもんか。

幸い、祖父が祖母の住んでいる地域をなんとなく知っていたそうで迎えに来てくれるとのこと!(ง •̀ω•́)งヤッタゼ

私の格好については一応電話で伝えていたのでじいちゃんに頼るしかないです笑(あとは白い軽自動車という情報のみ)

祖母宅から待ち合わせの場所まで行き、待っていると…

プーッとクラクションを鳴らされたのであわてて乗りました。(普通に後続車いたので…)

 

乗った瞬間、

「じいちゃん、これから眞理子からもらったお年玉を変えに行かんとならんけん、郵便局寄るけんねー」

と挨拶もなしにいきなりギアチェンジ入れて出発する祖父。

心臓に悪いな???!!!;(´◦ω◦`):

あ・ここで中島家の系図をおさらいします。

f:id:rinne_kururi:20190724073611j:plain

中島家系図(過去帳を元にしています)

眞理子さんは祖父の妹アメリカの親戚のもとへ養子に出されているのです。

その眞理子さんからどうやらお年玉が送られてきたようでドルを円に替えに行く…ということのようです。(と、とりあえず推測しました笑)

郵便局を済ませたら「もう専念寺に向かってもよかねー?」といわれ、「いいよー」といっていると赤信号で停車中に横を見たら

「あっ、大村神社ってか玖島城じゃん!!ここ行こうとしてたんだよね…」

「ん?よかよー、時間あるし」

じいちゃん神か。ଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧

何故行きたかったかというと、元々私自身戦国武将が好きでお城とか興味あったのですよ。そして寺社仏閣が好きなのもあり御朱印も集めてまして。

北海道の城は松前城ぐらいしかないので(しかも行ったことがない)、ずっと行きたかったんですよー!!

 

というわけではい!!来ました!!

f:id:rinne_kururi:20200318192802j:plain

玖島城跡の説明書き

f:id:rinne_kururi:20200318192846j:plain

板敷櫓の石垣。平成4年に再建されている。

一人でぎゃあぎゃあ騒いでおりました。←

念願のお城ですよ?!(城跡だけど)

f:id:rinne_kururi:20200318195451j:plain

案内してくれるじいちゃん

「俺ももう何年も来とらんけんねー」といいながらさくさく進んでいく笑 本当に79歳ですか笑

 

「ここで結婚式あげたんよ、美知子と」

…ん゛???!!ᔪ(°ᐤ°)

マジの初耳でした。

「昔はここに店があってここでご飯食べたな…」とかなんとか。

そして大きな像が目に入った。

f:id:rinne_kururi:20200318200259j:plain

大村純熈(すみひろ)の像

…誰だこの人…(失礼)
大村氏だから大村純忠公の子孫にあたる人だろうなぁ、と思ってしばらく像とにらめっこ。

ちょっとネットで調べてみるとこの大村純熈(すみひろ)公は大村藩の最後の藩主(12代目)だったようです。

 そしてお目当ての御朱印!!大村神社玖嶋稲荷神社の2つの御朱印を手に入れました!!

(御朱印の写真は別の記事に載せますね~)

書いてもらっている時に祖父が唐突に

「いや~孫が北海道から来まして!約20年ぶりに会ったとですよ~」

といきなり言うもんですから「じ、じいちゃん~( ˊᵕˋ ;)」と思わずなってしまいました…ハズカシイ…

そんなこというもんだから大村神社の巫女さん(?)が気を使って大村神社の一筆箋を奥から持って来てくれたじゃん…!!すごく可愛いくて使うのもったいない…

私「気を遣わせてすみません…」

巫女さん「いいんですよ~むしろ記念になるものがこれしかなくてすみません…」

とほんとじいちゃん…!!( ˊᵕˋ ;)

申し訳ない気持ちもありましたがすごくうれしかったです。ありがとう巫女さん…。

 

さて!やっと今回のフィールドワークの目的に行けます!

が、長いのでここで一旦切りますすみません!